ターンオーバー シミ

肌のターンオーバーで、シミがなくなる?!

肌のターンオーバーで、シミがなくなる?!

 

 

こんにちは、濃いシミを消したい!サイト運営者のみはくです(^^)

 

「肌のターンオーバー」という美容で使う言葉を聞いたことがありますか?「肌のターンオーバー」というのは、新陳代謝、肌の生まれ変わりのことをいいます。この「肌のターンオーバー」が正常であれば、シミはできません\(^o^)/ また、美肌になれます。

 

できたシミも「肌のターンオーバー」が正常になれば、シミは消えてなくなります。それだったら、美白化粧品はいらないのでは?ということになりますよね。

 

美白化粧品はいるのかいらないのか!「肌のターンオーバー」の正常化でシミは消えるのか!について調べてみました。

 

メラニン(シミの元)はなぜ肌から出ていかないの?

シミのない肌のままでいるには、紫外線対策と予防のお手入れが必要です。私は、しっかりシミを作ってしまいましたが、美白化粧品でお手入れをすることにより気にならないくらいまで薄くなりました。

 

しかし、時間も化粧品代もかかるので大変です^^; そうならないためには、まだ、「シミ予備軍」のうちになんとかしたほうが悩まされなくていいですね。

メラニン色素(シミの元)ができる理由ですが、紫外線からお肌を守るという大切な役目をしています。

 

逆のことをいえば、メラニン色素(シミの元)ができないと肌細胞が痛みます。細胞がダメージを受けると、皮膚の一番外側の角質を厚くして、肌を守ろうとします。

 

こうなると皮脂腺を塞ぎニキビの原因、そしてシミの原因に、さらに乾燥肌にもなるというトラブル肌になってしまいます。

 

どちらにしても、メラニン色素(シミの元)は紫外線から肌を守るという役目があるので紫外線対策が重要かということがわかります。

 

肌を紫外線から守ってくれるのはいいのですが、なぜメラニンは居座ってしまうのでしょうか?サッサッと出ていかないためにシミになって大変なことになります^^;

 

居座りメラニンはターンオーバーの乱れ


シミのある肌とシミのない肌の違いは、「ターンオーバー」が関係しています。シミになる原因の多くは、紫外線の浴びすぎによりシミのもとであるメラニン生成が過剰になることです。

 

多くの原因は紫外線によるものですが、植物や化学物質による刺激が原因で起きることもあるようです。この場合は皮膚の炎症の繰り返しによりメラニン色素が肌に沈着してシミになってしまいます。

 

肌のターンオーバーが行われているところは、「表皮」といって皮膚の一番外側の部分です。表皮の中は4層になっていて、一番奥から基底層→有棘層→顆粒層→角質層となっています。

 

肌を作る細胞は表皮の一番下にある基底層で生まれ、だんだんと角層に上がっていき、最後は垢(あか)となってはがれ落ちます。

 

ターンオーバーのサイクルは通常6週間くらいと言われています。よく、28日周期という数字を見かけますが、最近の皮膚科学の知見で約6週間と訂正されたようです。

 

シミの元であるメラニン色素はどこにできるかというと、表皮の一番奥にある基底層にあるメラノサイトと呼ばれる細胞で作られます。

 

多くの美白化粧品はメラニン色素が作られ始める基底層にアプローチして、シミを防ぐという仕組みになっています。

 

垢(あか)となってはがれ落ちてしまえば、メラニン色素も一緒に排出されるのでシミにはなりません。このように絶えず細胞が入れ替わっているのですこやかな状態に戻せるようになっています。

 

これがシミのない健康な肌になります。

 

肌のターンオーバーが乱れる原因

肌のターンオーバーがつねに正常(6週間くらいで生まれ変わる)であればキレイなお肌でいられます。ところが、年齢を重ねて30代を過ぎるとこのターンオーバーがきちんと規則正しく行われなくなってきます。

 

肌のターンオーバーが遅くなる(周期が長くなる)と、細胞が剥がれ落ちるのに時間がかかるため、表皮の中にメラニン色素が溜まりシミになってしまいます。

 

ターンオーバーが遅くなる原因としては、加齢・ストレス・睡眠不足・食生活の乱れ・洗顔が不十分などがあげられます。なかなかシミが消えないという方は生活習慣の見直しも必要になります。

 

それではターンオーバーが早いといいのかというとそうでもないようです。逆に早まってしまうと細胞が未熟なため肌を守る力が弱まります。そのため紫外線を大量に浴びると、肌を守る力が弱いためシミができやすくなってしまいます。

 

肌のターンオーバーの周期ははちょうどよくないとダメということになります。「常にターンオーバーの周期が安定していること」が大事なんですね。

 

「肌のターンオーバー」でシミは薄くなる?

肌のターンオーバーが正常(6週間くらいで生まれ変わる)であれば美肌が保たてるわけですが、シミはそれだけで果たして消えるでしょうか?

 

表皮の中の一番深い部分(基底層)に溜まってしまったメラニン色素(シミの元)は肌のターンオーバーだけで排出するのは簡単にはいかないようです。

 

年齢とともにターンオーバーの周期自体が遅くなっていくため、メラニンがスムーズに排出できなくなっていくためです。

 

「なんだ、やっぱり無理なのか」と思いますが、肌のターンオーバーが整っていればシミが出来にくい肌になるので、やはり「常にターンオーバーの周期が安定していること」が大事になります。

 

ターンオーバーが正常なお肌は?

  • キメが整っていてお肌に透明感がある
  • お肌のハリがある
  • お肌にツヤがある

ターンオーバーが早すぎるお肌は?

  • 毛穴の黒ずみ
  • いちご鼻
  • 角栓が目立つ
  • お肌がテカる
  • 肌の小じわやちりめんジワが目立つ
  • お肌が敏感、過敏になる(敏感肌の状態)
  • インナードライ肌(肌表面はテカり、内部はカラカラ)
  • 肌に赤み、炎症、肌荒れ、発疹がある

ターンオーバーが遅すぎるお肌は?

  • くすみがちで肌の肌理(キメ)も乱れている
  • 表面がごわついてメイクのノリが悪い
  • お肌がザラザラ、ガサガサでツヤがない
  • シミやそばかすが目立つようになってきた
  • 毛穴が目立つ

肌のターンオーバーは美肌を作る鍵なんですね。ですから、紫外線から肌を守るという予防が一番大事になります。

 

とは言っても、私のようにアウトドア派の人は日に焼ける回数が多くなるためシミになる可能性が多くなります。実際、シミ顔になってしまってから慌てて美白化粧品でのお手入れとなりました。

 

まとめ

 

 

シミの発生には肌のターンオーバーが大きく影響していたことがわかりました。サイクルが遅すぎたり早すぎたりすると、お肌は乾燥しやすくなるので、よりシミの発生に拍車がかかります。

 

シミを薄くするには、肌のターンオーバーだけではなかなか思ったとおりの結果にまでなるには時間がかかりますが、ターンオーバーを整えつつ、美白化粧品で底上げしてサポートしていけばコンシーラ(目の下のクマや顔のシミを隠すメイクアイテム)は必要なくなります♪

 


 

 

トップへ戻る