シミを消す 化粧品

シミを消す効果のある化粧品とは?

 

 

こんにちは、濃いシミを消したい!サイト運営者のみはくです(^^)

 

 

無防備に日焼けをしてしまったことと、その後のお手入れをしなかったことで、30代を過ぎて顔に「シミ」を作ってしまいました。20代の頃は自然にもとに戻っていたので、「冬になれば戻るでしょっ」と思っていたのですが、これが戻るどころか増えていく(*_*) おまけに顔もくすんでいる(;_;)

 

 

どうにかしなければとシミを消す方法を探した結果、美容外科でのレーザー治療か美白化粧品でした。シミの種類によってはレーザー治療に向かないものもあります。ポツンと一箇所だけなら時間も費用もかかりませんが、私のように点在しているシミの状態だと時間もフトコロも痛みます^^;

 

 

レーザー治療は即効性がありますが、お手入れをしなければ、再度シミはできます。

 

 

私はシミだけ薄くなっても、お肌がシワシワ、乾燥しているでは、これもまた悩みのタネになるなぁと思い、やはり健康なシミのないお肌にしたかったので、美白化粧品を選びました。

 

 

できてしまったシミに美白化粧品は効くのか?

 

 

美白化粧品でシミを薄くしようとした私は、美白化粧品を選ぶ時点でつまづきました。たくさんありすぎて、どれを使ったらよいのか迷ってしまったのです。「いろいろな美白化粧品を使ったけど、期待していたほどシミが薄くならなかった。。。」という人も多いと思います。

 

 

美白化粧品を使っても「消えるシミ」「薄くなるシミ」「消えるけど時間がかかるシミ」「消えないシミ」があります。

 

 

一般的に呼んでいる「シミ」は、顔にできた茶色っぽく見えるものをいうことが多いかと思います。「シミ」と呼ばれるものには種類があり、自分のシミがどれにあてはまるかによってお手入れ方法、美白化粧品の選び方が変わってきます。

 

 

あなたのシミはどのタイプ?

 

老人性色素班 紫外線ダメージの積み重ねによってできたもの。シミの中でもっとも多いのがこのタイプです。でき始めは薄茶色していますが、しだいに濃くはっきりしてくるのが特徴
雀卵斑(そばかす) 一般的にはソバカスといい、厳密には遺伝的なものだけをさします
脂漏性角化症 シミからさらにイボのように盛り上がってきたもの。イボの表面はボツボツとしているのが特徴
炎症後の色素沈着 ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったもの。体の傷や虫刺されの跡がシミのように残るのもこれです
日光性花弁状色素斑 急激に日焼けしたあとに、肩から背中にかけてできる小さなシミのことです
肝班 女性ホルモンのバランスがくずれたとき、頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い


この中で美白化粧品で効果がないのは、脂漏性角化症と日光性花弁状色素斑です。

 

そして美白化粧品には「シミの発生を予防するタイプ」「できているシミに効果的なタイプ」があります。期待通りにならなかった人は、もしかすると「シミの発生を予防するタイプ」を使っていたのかもしれません。

 

また、使用している期間が短いと効果を実感するまでに到達できません。このことは肌のターンオーバーと関係しています。

 

美白化粧品で効果的にシミを薄くする方法には、2通りあります

 

黒色メラニンを淡色化する美白成分を含む化粧品を使用する

 

メラニンを還元することで、メラニンによってつくられたシミを薄くする効果があるといわれています。そのメラニンを還元する最も効果的な美白成分:ハイドロキノン

 

シミを消す,化粧品,美白化粧品《実力美白化粧品(ハイドロキノン配合)》

 


シミを消す,化粧品,美白化粧品 シミを消す,化粧品,美白化粧品 顔全体に使用できる【ビーグレン】


シミを消す,化粧品,美白化粧品 シミを消す,化粧品,美白化粧品 気になるシミにのみに使用【アンプルール】

 

お肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を促進させる

 

ターンオーバーを促進させることで、メラニンを押し上げ、肌から排出させることでシミを薄くする効果を期待することができます。お肌のターンオーバーは28日と言われますが、これは健康な肌の場合なので、初期のシミでも3~4ヶ月はかかります。