敏感肌 シミ取り

敏感肌はシミになりやすい!シミ取りはどうしたらいい?

 

 

こんにちは、濃いシミを消したい!サイト運営者のみはくです(^^)

 

 

私はシミのない肌がどんなだったのかわからないくらシミになってしまって、焦りまくって美白化粧品を探しました。ところが美白化粧品は『予防目的』で作られていることを知り、「シミって、取れないの??」と困り果てました。

 

 

 

シミを取る方法には、おおまかに言って美容皮膚科での治療と自宅でハイドロキノン配合美白化粧品でのお手入れ方法があります。

 

 

 

シミの種類によっては向き不向きなものもありますが、即効性のあるものはレーザー治療です。けれども私の場合はハイドロキノン配合の美白化粧品でシミが気にならないくらい薄くしました。

 

 

 

なぜ、レーザー治療を選ばなかったかというと、シミがたとえ取れたとしてもまたシミはできます^^;

 

 

 

シミができてしまう理由は(紫外線の影響の場合)、肌や身体を破壊するのを阻止するためにできます。細胞が傷むのを防いでくれるということです。

 

 

 

ということは、いくら紫外線対策をしても肌が健康でなければ肌のターンオーバー(新陳代謝)がうまくいきません。メラニン(シミのもと)が皮膚から出ていかないので悩みのシミがまたできます。

 

 

 

年齢が増せば増すほどターンオーバー(新陳代謝)の働きは遅くなります。遅くなるということはメラニン(シミのもと)が居座ることになりますね^^;

 

 

 

そして敏感肌になっているとなおさらです。ですからシミを薄くしつつ健康な肌になるようにお手入れするのが重要です。

 

 

 

敏感肌とシミの関係

 

敏感肌,シミ取り,美白化粧品

 

自分は「乾燥肌、敏感肌なの」と言う悩みの人は多いと思います。乾燥肌や敏感肌はあらゆる肌トラブルの原因になり、シミもその一つです。

 

 

乾燥肌とはセラミドが少ない肌を乾燥肌といいます。セラミドとは水と手をつなぐことのできる構造を持った脂質です。肌の水分をしっかりキープして逃がさない働きをします。肌が乾燥するというのは、もともとセラミドが不足している人にみられます。乾燥するのはあくまで肌内部の問題で、セラミドが多いか少ないかの違いになります。

 

敏感肌とは「化粧品にかぶれやすい」「わずかな刺激で赤みやかゆみがでやすい」などの肌体質が敏感肌です。敏感肌の原因は、アレルギー性・乾燥性・脂漏性(しろうせい)皮膚炎・自ら作る敏感肌・自称敏感肌などです。

 

  • 【アレルギー性】 アレルギー体質やアトピー体質
  • 【乾燥性】 もともとセラミドが少なくて乾燥しやすい場合
  • 【脂漏性(しろうせい)皮膚炎】 肌が赤くべたついたりかさついたりする
  • 【自ら作る敏感肌】 スキンケアが合っていない。肌をこする、コットンでたたいているなど結果として肌をあらしている
  • 【自称敏感肌】  多少の肌トラブル(小さなニキビ・わずかな赤みやかさつき)を敏感肌だと思ってしまう

敏感肌タイプはアレルギー性と乾燥性だけがほんとうの意味での敏感肌というようです。

 

乾燥肌と敏感肌は健康な肌の状態ではないため、外部刺激や紫外線ダメージを受けやすく、常にメラノサイト(シミのもとを作る場所)が活性化している状態になっています。

 

 

刺激に弱く、炎症が起こりやすいということですね。

 

 

敏感肌,シミ取り,美白化粧品 敏感肌,シミ取り,美白化粧品 【敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド】サエル

 

 

敏感肌のできてしまったシミの対処法

 

 

敏感肌、そして乾燥+敏感肌の人は、皮膚のバリア機能が弱っているので化粧品選びも大変だと思います。

 

 

そのあげくに「シミ」ができてしまったとなると常にメラノサイト(シミのもとを作る場所)が活性化している状態なので、シミは増える一方となります。

 

 

 

敏感肌,シミ取り,美白化粧品 敏感肌の人のシミ解消お手入れ方法

 

敏感肌,シミ取り,美白化粧品
肌をガードしている肌表面の角質層が外部刺激をはねのける力が弱まっているためにメラニン(シミのもと)が過剰に生成されやすくなるので、ココを立て直さないとシミはなくなりません。

 

 

 

肌をガードしている機能が低下した敏感肌の人は、そのままの状態では美白をしてもあまり効果が実感できないためです。

 

 

 

いくら美白成分配合の化粧品を使用してもメラニン抑制効果を上回るスピードで過剰にメラニン(シミのもと)が生成されてしまうので追いつかないようです。

 

 

それが「効果が実感」できないということです。美白成分はがんばっているけど、追いつけない^^;

 

 

これではいつまでたっても「シミ顔」のままですね。とにかく、いま以上にシミを増やさないようにするには、保湿と乾燥肌・敏感肌用の美白美容液でお手入れをしていきます。

 

 

 

敏感肌で乾燥をしている場合はセラミドという成分が少ない状態なので、セラミドを含む保湿化粧品のライン使いでサポートしていきます。肌のガード機能が低下しているために、乾燥しやすくなっています。

 

 

 

そして、問題は「シミを取りたい」のですが、美白化粧品はそのシミを作らせないようにするという作用をするので、当然肌には負担になります。

 

 

 

肌バリアを破って奥まで侵入し、メラノサイトシミのもとを作る場所)の活動を邪魔するわけです。敏感肌の人にとってはコワイですよね。

 

 

 

季節の移り変わり目や体調が悪かったりすると、それだけでもトラブル肌になるのに、さらに化粧品でトラブってはシミ取りどころではなくなってしまいます。

 

 

 

やはり、敏感肌のシミ対策は敏感肌専門の美白化粧品でお手入れしていくのをオススメします。

 

 

 

低刺激性というのは当然で、肌のガード機能を強化する保護力や保湿力に優れているというところをポイントに選びます。また、お肌に優しい処方であるとか、デリケート肌(敏感肌)の人も大丈夫ですという商品ではなく、敏感肌専用処方というところが大事です。

 

 

 

肌のガード機能を立て直すにはセラミド成分配合の化粧品が効果的です。そして、できてしまったシミを薄くする美白有効成分は、「ハイドロキノン」と「ビタミンC」(誘導体含む)の2つです。

 

 

 

私の場合はハイドロキノン配合化粧品でシミを薄くしました。オールスキンタイプにはなっていますが、不安な方は敏感肌専門の美白化粧品のほうがいいと思います。

 

 

 

敏感肌,シミ取り,美白化粧品 敏感肌,シミ取り,美白化粧品 【敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド】サエル