クレドポー 美白美容液

資生堂 美白美容液/クレドポー ボーテ セラムブランプレシュー

 

こんにちは、濃いシミを消したい!サイト運営者のみはくです(^^)

 

 

 

 

 

資生堂,クレドポー,美白美容液,

シミができる肌の奥にアプローチし、メラニンの過剰生成をあらゆる角度から防ぐ美白美容液。肌本来がもつ均一な透明感を引き出し、内側から発光するような、生き生きとした上質肌に。
イルミネイティングコンプレックス(保湿)配合。(加水分解シルク液、加水分解コンキオリン液、濃グリセリン)抗メラノ機能体 配合。(美白有効成分 4MSK※1、m-トラネキサム酸※2)白蓮果® SHA(保湿)配合(ハス種子発酵液、アセチルヒアルロン酸)スポット ディフェンス コンプレックス(整肌・保護)配合。(ホワイトリリー、塩酸グルコサミン、濃グリセリン)
※1 4MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)
※2 m‐トラネキサム酸の m はメラニンの生成を抑える効果を表します。

 

資生堂,クレドポー,美白美容液,

クレドポー ボーテ セラムブランプレシューの美白化粧品

 

資生堂のクレ・ド・ポー ボーテの美白美容液は、ダイヤモンドの輝きに着目した肌の「3つの輝き要素」に働きかけ、ダイヤモンドのような美しい輝きを放つ美肌に導く美白美容液となっています。

 

「ダイヤモンド美肌美白」。

 

肌の奥から輝くような肌を目指し、ブリリアントカットダイヤモンドのようなお肌にしてくれるようです。

 

発光しているようなキラキラ感はSK2 セルミネーション エッセンスEXとも似ている感じがしますね。

 

クレ・ド・ポー ボーテ研究所では、紫外線を浴びなくてもシミはなぜ消えないのか?というところから発し、
シミの原因となる新たなルートを発見しました。

 

これまでシミの原因は、シミ部位のメラニン生成の過剰(慢性微弱性炎症状態など)とメラニン排出の停滞(慢性角化エラー状態など)という、表皮での状態と考えられていました。

 

それが、なんと真皮に存在する因子が過剰に真皮から表皮に進入し、メラノサイトを刺激して「シミ増殖因子」として作用している(働いている)ことがわかったようです。

 

お肌の奥底にダメージを与えないように、肌が自ら防御している働きがあるのでしょうか。

 

 

 

【クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシュー】の特徴まとめ

 

 

 

メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐだけではなく、「肌の3つの輝き」に着目した商品です。

 

肌表面の明るさが美しい肌色の輝きになるということです。

 

肌が白い(くすみのない肌)だけよりも透明度の高い角層・表皮・真皮、そして鮮やかな血色が、美しい肌色を創り出すようです。

 

輝き=ツヤでしょうか、これがあるとないとでは雲泥の差ですね。

 

赤ちゃんの肌が美しいと感じるのも、「輝き」があるからなんですね。

 

メラニンの過剰な生成を抑制するだけの美白を通り越し、角層・表皮・真皮・血液の色までも改善するという美白美容液です。

 

なんだかす、ご~いのですが、居座りジミをとってからの使用になるかな。

できてしまったシミに期待できるハイドロキノン配合美白化粧品

シミを消したい、薄くしたい場合はハイドロキノン成分で濃くなったメラニンを元の淡色に戻すことが必要です。

 

ビーグレン美白ケア化粧品

ビーグレン

 

肌に浸透しないハイドロキノンを独自の浸透テクノロジーで、肌への負担を軽減した上で、皮膚からの浸透性を格段に高めた化粧品です。

 

濃くなったメラニンに働きかけるだけでなく、新たなシミを作らせないという“漂白型”と“予防型”の両方の面でシミをケアします。

≫詳細ページ

アンプルール美白ケア化粧品

アンプルール

 

美容皮膚科医 高瀬聡子が開発した新しい時代のドクターズコスメ。
美白有効成分としてアルブチンやビタミンC誘導体が用いられている医薬部外品です。また、ハイドロキノンを改良した、独自の「新安定型ハイドロキノン」が配合されています。

≫詳細ページ

クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシュー関連ページ

HAKU メラノフォーカスW
資生堂の美白化粧品haku。り速く・深く・肌の奥まで美容成分を運んでくれる美容液。資生堂の知見と技術を注ぎ込んだ「抗メラノ機能体」を配合。4MSKとm-トラネキサム酸がしみの元に働きかけえてくれます。