ビーグレン 化粧水 シミ

ビーグレンの化粧水は《17時間持続保湿》のシミを作らせない化粧水

ビーグレンの化粧水は《17時間持続保湿》のシミを作らせない化粧水

 

こんにちは、濃いシミを消したい!サイト運営者のみはくです(^^)

 

「ビーグレン」コスメのホワイトケアシリーズの化粧水である「QuSomeローション」の特徴について。ビーグレンの化粧水は、1度つけたら17時間は潤いが続き、1本の化粧水で保湿と美白ができるような仕様になっています。

 

ビーグレンの化粧水はシミを作らせない化粧水

ホワイトケアシリーズのトライアルセットに入っている「QuSomeローション」

公式ホームページ⇒ ホワイトケア トライアルセット【b.glen(ビーグレン)】

          【数量限定】新クレンジングプレゼント!

 

これは「シミを作らせない」「美白もできる」化粧水。そんなものがあるの?ということですが、シミができにくい肌を作る条件は以下になります。

 

美肌の条件(紫外線の影響を受けにくい肌)

  • 常に肌のターンオーバーの周期が安定していること
  • 角層バリア機能がきちんと働いていること

この条件に導いてくれるのが「QuSomeローション」です。

 

詳しい肌のターンオーバーについてはコチラを参照

 

美肌になるしくみを知れば、早くシミも薄くなる

細胞が生まれ変わることをターンオーバーと言って、表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれ、約6週間くらいかけて入れ替わります。

 

このサイクルは個人差や年齢で変わってきますが、一定のサイクルが保てれば「キレイなお肌ね。」と言われるわけです。

 

けれども、角層は年齢を重ねるにつれてターンオーバーが遅くなります。私は毎年日焼けをしていたのですが、秋から冬にかけて元の肌色には戻っていたので、戻るものだと思っていました。

 

ところが30歳を過ぎたあたりからだんだんと元の肌色までには戻らなくなり、シミが出現してしまいました(;_;)

ターンオーバーが遅くなるとシミができやすくなったり、傷の治りが遅くなったりするのは一定のサイクルで新しい細胞が入れ替わらなくなっているためなんですね。

 

また、角層バリア機能がきちんと働いているというのは、肌がみずから作り出すセラミドという保湿物質が大きな役割を担っています。

 

セラミドはレンガのすき間を埋めるように、細胞をぴったりと埋めて外からの刺激をシャットアウトします。シャットアウトする力が強ければ、シミもできにくい肌ということです。

 

逆にセラミドを作り出す力が弱まると角層の水分が蒸発するため、肌内部のうるおいまで失われてしまいます。

 

こうなるとバリア機能は失われ、肌は乾燥して、かゆみやヒリヒリ感を生じるなどの敏感な状態になります。

 

私の場合、毎年海で日焼けをしていたのでシミが出来て当然という肌を自ら作っていたことになります^^;

 

これらのトラブルから救ってくれるのが、ビーグレンの「QuSomeローション」です。常に肌のターンオーバーの周期を安定に導き、バリア機能アップで紫外線の影響を受けにくい肌にしてくれます。

 

そのおかげで、「シミを作らせない」という肌を作ります。次にどのようなしくみになっているかです。

 

公式ホームページ⇒ ホワイトケア トライアルセット【b.glen(ビーグレン)】

          【数量限定】新クレンジングプレゼント!
トライアルセットなので「QuSomeローション」を試せます♪

 

QuSomeローションの保湿の特徴

ビーグレンでは化粧水が肌に17時間潤い続けるよう、新しい浸透技術を開発しました。「日本先端医療医学会」によって科学的にその「すぐれた保湿力」が認定されています。

 

一般的な化粧水はほとんどが水で、わずかな量しかスキンケア成分を配合できないようです。また、肌の奥まで浸透せず、成分も留めておけないため効果が続きません。

 

そして、バシャバシャとたっぷりつけても15分くらいで元の状態に戻るようです。

 

これらの問題をビーグレンは独自の浸透技術で解決しました。QuSome®(キューソム)」という浸透技術です。これをさらに化粧水のためだけに最適化した技術を採用していています。

 

ChargedQuSome®(チャージドキューソーム)と言うようです。これは肌表面の表皮層(角層)に狙いを定めて、潤いを持続させる技術です。

 

サラッと書いていますが、とても難しい技術のようです。もう、こうなると科学の世界で化粧水の話とは思えません^^;

 

1度つけたら17時間は潤いが続く化粧水です。潤ってぷるぷるした肌というのは、「セラミド」という成分が多い肌の状態です。まさに、赤ちゃんの肌です。

 

このセラミドが不足すると慢性的に水分が不足してカサカサ状態となります。また、肌のバリア機能が低下するため、外的刺激(紫外線など)に弱くなります。

 

美肌(シミができにくい肌)にするには、「セラミド」はなくてはならない存在です。

 

一般的なセラミド配合化粧品は、セラミド成分を補うというしくみになっています。

 

ビーグレンの化粧水は、セラミドの産生を促す働きをする成分を配合して、自らセラミドを増やして健康な肌へと導きます。ですから、セラミドは外から入れるという発想ではなく、自らセラミドを増やせるようにサポートする化粧水になります。

 

公式ホームページ⇒ ホワイトケア トライアルセット【b.glen(ビーグレン)】

          【数量限定】新クレンジングプレゼント!
トライアルセットなので「QuSomeローション」を試せます♪

 

QuSomeローションの成分からの特徴

 

セラミドを増やす

 

 

最新・保湿型ビタミンC誘導体(ビタミンC誘導体3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸)

 

 

 

ビタミンC誘導体とはビタミンCの欠点を補うために開発された成分です。ビタミンCは酸化され黒色に変色したメラニン色を還元し、肌の色を一定まで白く見せる働きがあります。シミやくすみを還元(もとに戻す)する力があるのですね。

 

ところが、ビタミンCは高い還元性(もとに戻す)がありますが非常に不安定な物質で、すぐに効果を失ってしまう特性があります。効果時間が短く皮膚刺激が大きいということです。

 

そのためため多くの化粧品ではビタミンC誘導体という形に変えて、「安定性を向上」させました。

 

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。そのため、セラミドが十分に生み出されるためには、ターンオーバーが正常であることが大変重要です。

 

ターンオーバーが正常という肌というのは、肌体力があるということです。(sとからの刺激をシャットアウトできる)

 

また、ビタミンC誘導体はシミやくすみを作らない、出来てしまったメラニンを還元(もとに戻す)し、シミを薄くする作用があります。

セラミドを定着させる

 

次にそのセラミドを定着させます。その成分に「アッケシソウエキス」「ホメオシールド(フカスセラツスエキス)」を採用しています。

アッケシソウ(厚岸草、学名Salicornia europaea)はアカザ科に属する一年性草本で、世界的にはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域に広範囲に分布する。潮汐の干満に規定される、平均冠水位から満潮水位の間の海に接する陸地や内陸に発達する塩湿地に生育する塩生植物である。
出典:ウィキペディア

「アッケシソウエキス」はこれから抽出されるオイルのこと。肌のハリを向上させたり、保湿を高めるなどのパワーがあります。また、セラミドと相乗的に働き、肌のバリア機能を整えます。

 

 

「ホメオシールド(フカスセラツスエキス)」はセラミドの足場をしっかりと固定させる働きがあります。また、蓄える水の量を格段にアップさせます。

セラミドの保湿力を高める

 

 

セラミドの保湿力を高めるためには、体の中に溜まった不要になったものを細胞外に排する必要があります。いらなくなったものを外に出せば、細胞は水をもっと蓄えることができるようになるので、保湿力があがります。

 

その掃除役をしてくれる成分がアクアタイド(ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12)といいます。

 

そしてエイジングケアができる成分も配合されています。

 

  • VCエチル
    • 美白型のビタミンC誘導体  メラニン(シミのもと)の生成を抑える働きがあります。

  • EDP3
    • ターンオーバーを整える働きがあります。

  • ゲンチアナ根エキス
    • 紫外線などの外的刺激による炎症を抑え、肌の老化を防ぎます。

 

公式ホームページ⇒ ホワイトケア トライアルセット【b.glen(ビーグレン)】

          【数量限定】新クレンジングプレゼント!
トライアルセットなので「QuSomeローション」を試せます♪

 

まとめ

 

 

ビーグレンの化粧水はうるおいを「与える」というよりもうるおう肌を「育てる」化粧水ですね。よって、肌体力がアップするためにターンオーバーが正常に向かい、シミを排出することを手伝い、強い肌にしてくれるのでシミができにくい状態にもしてくれます。また、ビタミンC誘導体により効率よく美白効果が発揮しやすです。

 

なんだか、化粧水1本にかけるパワーが凄すぎて、びっくりです(^o^) お肌の調子の悪い人は是非試してみて下さい。実際使っている私も、人に言われるまでは気が付かなかったのですが、「色白くて、お肌がきれいで何しているの?」と言われたのです。

 

自分ではシミ肌がいやだいやだと思っていたので、「えっ?そんなはずはないでしょ」と思ったのですが、

 

全体的に見ると肌の調子がいい(^o^)そして以前よりもハリもでてきて、肌のトーンも上がっている\(^o^)/  
それなのに、あまりの悪い思い込みに良くなっているのが気づかないという、思い込みは怖いです^^;


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る